ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

サンドラ・ジ・サーなどブラジルのスターが大集合。第一回ワンダーフェス、11月3日まで開催

ワンダーフェスに出演したサンドラ・ジ・サー(撮影/麻生雅人)

11月2日(土)、浜松アクトシティで、ブラジルのソウルミュージック界のディーヴァ、サンドラ・ジ・サーや、パウロ・ヒカルド、キコ・サンビアンキ、テジ・コヘア、フラヴォ・ヴェントゥリーニ、セルジオ・ハインズなどロック界のスター が来日して一堂に会する夢のようなスーパーイベント「 WONDERFEST2019 ワンダーフェス」が開催された。

イベントのトリを務めたパウロ・ヒカルド(撮影/麻生雅人)

ワンダーフェスを主催しているのは、静岡県磐田市を拠点とする株式会社 アイ・ビー・フォックスフーズ。ガラナ「アグアナボカ」やセラッチのモルタデッラソーセージなど、ブラジルのソウルフードを日本で販売していることでおなじみの企業だ。

ワンダーフェスに出演したテジ・コヘア(撮影/麻生雅人)

テジ・コヘアは、ネニュン・ジ・ノス時代の80年代末にヒットさせたデヴィッド・ボウイ「スターマン」のカヴァー「オ・アストロナウタ・ダ・マルモリ」で会場を沸かせた。

ワンダーフェスに出演したフラヴィオ・ヴェントゥリーニ (左)とセルジオ・ハインズ(右)(撮影/麻生雅人)

元テルソのギタリスト、セルジオ・ハインズは現在の自身のバンドでの演奏後も他のアーティストと共演。テルソ時代のバンド仲間だったフラヴィオ・ヴェントゥリーニとも同じステージに立った。

相変わらず現役でセクシーなロックンローラー、キコ・サンビアンキはギター好きの男子ファンも女性ファンも熱狂させた。

ワンダーフェスに出演した キコ・サンビアンキ (撮影/麻生雅人)

サンドラ・ジ・サーは、「ヴァーリ・トゥード」、「オーリョス・コロリーダス」、「バイ・バイ・トリステーザ」などのヒット曲を次々と披露。圧倒的な声量のシャウトで会場を興奮させた。完全に現役で、真のソウルミュージックのシンガーであることを日本の舞台で証明した。舞台での観客を盛り上げるパフォーマンスは、かつてウィウソン・シモナウが得意としたスタイルを踏襲しているようだった。

ワンダーフェスに出演したサンドラ・ジ・サー(撮影/麻生雅人)

サンドラ・ジ・サーのステージでは、サンドラが、サックスを担当していた浜松在住の日本人ジャズ・ミュージシャンのYoda Takashiさんをフロントに立たせてソロ演奏を披露させる場面があった。Yodaさんはサンドラに応え、会場をソウルフルに盛り上げた。

「まさかあんな形でフィーチュアされるとは思っていなかったので驚きましたが、精いっぱい演奏しました」(Yoda Takashiさん)

ステージで司会進行を務めたフミオ・アルメイダさんは「まだまだ、ブラジルの音楽が楽しめるアトラクションは日本には少ないので、ブラジル人も日本人もブラジルの音楽で楽しんでもらいたい、という想いで、このイベントは開催されました」と語った。

司会進行を務めたフミオ・アルメイダさん(撮影/麻生雅人)

「有名なアーティストが一度に何人も来て、みんながひとつになって、みんなが心から楽しめて、みんなの想い出になるイベントになっていけたらいいなと思っています。できたら年に2回くらいやっていきたいです」( フミオ・アルメイダさん)

演奏終了後に行われたギターなどが当たる抽選会では、 キコ・サンビアンキとサンドラ・ジ・サーが抽選を行った。大スターたちが自分たち手で行う抽選を、会場中がわくわくしながら見守った。また、Tシャツ購入すると出演者と写真撮影ができるなど、出演者と観客が一体となって楽しめる、まさに夢のようなアトラクション・イベントだった。

左からキコ・サンビアンキ 、株式会社 アイ・ビー・フォックスフーズの 玉田正利代表取締役、サンドラ・ジ・サー(撮影/麻生雅人)

このイベントは今日11月3日(日)は名古屋市の栄にある池田公園で13時~21時に開催される ( https://www.wonderfest.live/ ) 。チケットも発売中。

盛り上がる会場(撮影/麻生雅人)

(文/麻生雅人)

■関連記事
第32回東京国際映画祭、開幕。“キューバン・ファイヴ”の実話をもとにした「WASPネットワーク」も上映
ペルナンブッコ州から版画作家パブロ・ボルジェスが来日
アルシンド元選手が来日、少年サッカー指導者らと交流
ブラジルの近代写真の先駆者「トマス・ファルカス写真展」開催中
ロジェリオ五十嵐ヴァズさんがコアントローを使った期間限定のカクテルを提供

このエントリーをはてなブックマークに追加