ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

クリスチャン・ディオールがブラジルをイメージしたテーブルウェアを発売

「ディオール メゾン」の「コパカバーナ」ライン(写真/クリスチャンディオール株式会社)

「自分らしくない家に暮らすのは、他人の服を着るようなもの」-クリスチャン・ディオールは1947年にこう書き記しているという。

日本ではGINZA SIXの「ハウス オブ ディオール ギンザ」のみで展開している「ディオール メゾン」は、ディオールから受け継いだ「洗練」や「エレガンス」を表現したライフスタイル雑貨やテーブルウェアを扱っている。

3月31日(火)、「ディオール メゾン」で新たなライン「コパカバーナ」が展開されると、クリスチャン ディオール株式会社が広報した。

同ラインは、太陽が照りつけるブラジルの陽気なスタイルを称え、旅への憧れをかきたてるシリーズとのこと。サンゴや海藻、魚のモチーフがアクセントとなったテーブルウェアだ。

アイテムはInstagramアカウント @DiorMaisonでも順次紹介される予定。

(文/麻生雅人)

■関連記事
サンパウロ州 新型コロナウイルス感染対策で 受刑者の刑務作業によるマスクを生産を開始
新型コロナウイルス感染拡大予防政策で。リオデジャネイロのサンバカーニバル会場が、路上生活者の仮設住宅に変身
マラカナンも想定。ブラジルで、新型コロナウイルス感染症の病床不足対策で競技場や見本市会場を野外病院に
医師が、新型コロナウイルス感染者の一部に、嗅覚や味覚が失われる事例を報告
ブラジルで、26歳の青年が新型コロナウイルス感染症で死亡

このエントリーをはてなブックマークに追加