ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

学生団体「Estudamos Português!」がポルトガル語普及を目的としたフリーペーパーを発行

(画像提供/Estudamos Português!)

ポルトガル語や、ポルトガル語圏文化の普及と、ポルトガル語を学ぶ学生とポルトガル語圏出身者の交流を目的に、2018年9月に設立された学生団体「Estudamos Português!」が、第2号となるフリーペーパーの発行を目指している。

第1号は、「ポルトガル語を学ぶ際の不安解消」と「留学先選びの情報提供」を目指した2つの特集を中心に、全100ページで構成されており、約3000部が発行された。

現在準備中の第2号では、「ポルトガル語学科を卒業した後のキャリアへの不安」の解消が大きなテーマになっているという。

(画像提供/Estudamos Português!)

刊行の資金は第1号と同様にクラウドファンディングで集める。

支援に対する返品例としては、フリーペーパー本体の他にも、ブラジルやポルトガルの食品、お菓子、ワイン、ポストカードなどが並んでいる。法人向けには広告掲載枠も用意されている。

目標金額は30万円で、50ページのフリーペーパーを3000部発行する事を目標にしている。

(画像提供/Estudamos Português!)

「Estudamos Português!」(公式サイト https://estudamos-portugues.amebaownd.com/)には、現在、日本でポルトガル語を専攻できる6大学(東京外国語大学、大阪大学、上智大学、京都外国語大学、神田外語大学、天理大学)の学生を中心に、10大学の75名の学生が参加している。

フリーペーパーの発行の他にも、ポルトガル語圏の文化の普及を目的としたさまざまなイベントを開催している。ポルトガル語圏について学ぶ勉強会や、進路・留学支援活動も行なっている。

クラウドファンディングページはhttps://campfire.jp/projects/view/241832。

(文/佐藤相太)

■関連記事
日本で活動する外国人アスリートの新型コロナウイルス感染対策と、日本での生活の本音
墓場からのメッセージ。 「家に居て! あなたにはここに来て欲しくありません」
ボウソナロ大統領の支持者が、商業活動制限措置に抗議デモ
ブラジルの教会で、新型コロナウイルス感染対策で「“ドライブスルー”告解」や「“無教徒”ミサ」行われる
サンパウロ州、州内の商業活動制限、4月22日まで延長を決定

このエントリーをはてなブックマークに追加