ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

第33回東京国際映画祭、10月31日(土)スタート。 セウ・ジョルジ出演作も上映

ブラジル人シェフのシコ(セウ・ジョルジ)とエイブ(ノア・シュナップ)「エイブのキッチンストーリー」(Spray Filmes /Divulgação)

今年で33回目となる東京国際映画祭の開催日程が公表された。

新型コロナウィルスのパンデミックは依然として終焉の兆しが見えない中、世界各地でさまざまな映画祭が中止や延期、縮小をよぎなくされている。そんな中、東京国際映画祭は、①映画を観る喜びを再認識し、映画の未来への希望の光を灯す ②映画を通じて国際的な連帯を強める ③コロナ後の映像文化についての考察を深める、というう目的のもとに、映画館を基本として、感染対策をとりながら開催する運びとなったという。

ただし、海外からの映画関係者の招へいは困難なこともあり、シンポジウムやゲストトークイベントなどに関しては、オンラインを活用する予定だという。

そんな東京国際映画祭、今年はいくつかこれまでと異なる点がいくつかある。

まずは、これまでにあった「インターナショナルコンペティション」、アジアの新鋭監督を集めた「アジアの未来」、日本映画の気鋭作品をそろえた「日本映画スプラッシュ」の 3 部門を、2020年は 「TOKYO プレミア 2020」という一つの部門に統合されるとのこと。 「TOKYO プレミア 2020」では一般観客の投票で選ばれる「観客賞」が設けられるという。

もうひとつの大きな変更点は、毎年、近い時期に開催されている「東京フィルメックス映画祭」との連携を深めるとのこと。「東京フィルメックス映画祭」は世界の知られざる個性的な魅力を持つ映画が多く紹介されるため、大きく異なる個性を持つ両映画祭の連携は楽しみだ。

「特別招待作品」では、オープニング上映作品「アンダードッグ」(監督:武正晴、出演:森山未來、北村匠海、勝地涼)と、クロージング上映作品「HOKUSAI」(監督:橋本一、出演:柳楽優弥、田中泯)を含む、国内外の話題作17本が紹介される。

この中で、(11月20日(金)から日本での公開が決定しているブラジルとアメリカ合衆国の合作「エイブのキッチンストーリー」がラインナップされている。

映画の舞台はアメリカ合衆国のニューヨーク、ブルックリン。主人公はイスラエル系の母とパレスチナ系の父を持つ、料理が大好きな12歳の少年エイブ。エイブは、文化や宗教の違いから対立する家族にいつも悩まされている。

ある日エイブは、ブラジル人シェフ、シコ・カトゥアーバと知り合い、シコから世界各地の食文化を融合させたフュージョン料理について教わる。そしてエイブは、ギスギスしてしまった家族の絆を取り戻すために、さまざまな国の文化が混ざり合った自分ならではのフュージョン料理を作ろうと奮闘する…。

監督はブラジル出身ののフェルナンド・グロステイン・アンドラーヂ。カエターノ・ヴェローゾの日常を追ったドキュメンタリー映画「 Coração Vagabundo」(2008年。日本ツアーで来日したときの映像も含まれていた)で注目を集めた若手映像作家。日本でもHuluで公開されたテレビシリーズ「刑務官(Carcereiros)」ではふたつのエピソードを手掛けている。現在はL.A.を拠点に活動している。

ドラマのキーパーソンとなるブラジル人シェフを、「シティ・オブ・ゴッド」、「バス174」、「ライフ・アクアティック」、「ペレ 伝説の誕生」などで知られるセウ・ジョルジが演じている。

「第33回東京国際映画祭」の開催日程は2020年10月31日(土)~11月9日(月)で、六本木ヒルズ、EX シアター六本木などが会場に予定されている。

(文/麻生雅人)

■関連記事
ピアニストのヒカルド・バセラールが来日。ブラジル人学校でも演奏
抗ウィルス作用があるというアマゾンの薬草ウーニャ・ヂ・ガトとは?
ブラジルの国民酒カシャッサを使った“大分県豪雨災害復興支援カクテル”が登場
2021年のリオのカーニバル、中止も視野に
「2020年トラベラーズチョイスアワード」世界のビーチ トップ25、1位にフェルナンド・ジ・ノローニャのサンショ湾ビーチ選ばれる

このエントリーをはてなブックマークに追加