ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

音楽三昧の閉会式で、賑やかに幕を閉じたリオ・パラリンピック

リオパラリンピック 小池百合子

パラリンピック旗が、リオ市長からクレーブン会長、そして小池百合子東京都知事の手に渡された。

そして、日本国歌の斉唱に続き日の丸が掲揚され、ここから次回の開催地、東京のプレゼンテーションが始まるのである。

プレゼンテーションは、パラリンピックという名称が使われた最初の大会が1964年の東京大会で、その1964年の東京大会から2020年へつなげるという掲示板の映像からスタートした(次ページへつづく)。

(文/コウトク、写真/Fernando Frazão/Agência Brasil)

■関連記事
オリンピック開催で注目のブラジル料理はここで楽しめる!
地方でも成長するブラジルのクラフトビール市場
オリンピック・パラリンピック開催地リオデジャネイロ案内1 ミュージアム巡り
リオデジャネイロの「明日の博物館」写真集
ブラジルのネイルサロンは、お姫様気分になれる!?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

コウトク  2005年6月~2012年6月まで仕事の関係で、ブラジルに在住。ブラジル在住当時は、サッカー観戦に興じる。サントス戦については、生観戦、TV観戦問わずほぼ全試合を見ていた。2007年5月のサンパウロ選手権と2010年8月のブラジル杯のサントス優勝の瞬間をスタジアムで体感。また、2011年6月のリベルタドーレス杯制覇時は、スタジアム近くのBarで、大勢のサンチスタと共にTV観戦し、優勝の喜びを味わった。現在、スポーツナビのブログ「ブラジルサッカーレポート」(http://www.plus-blog.sportsnavi.com/kohtoku/)を執筆中。