ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

音楽三昧の閉会式で、賑やかに幕を閉じたリオ・パラリンピック

パラリンピック 東京は夜の7時

クライマックスに用意されたのは、海外で圧倒的な知名度を誇るピチカートファイブの曲「東京は夜の7時」のカヴァーヴァージョン。4年後の東京大会が行われるのは真夏ということで、<東京の真夏は夜が最も魅力的>といったコンセプトで、東京の真夏の夜を表現したものだった。ステージに出てくる人たちの雰囲気も現代の東京人らしく、日本のサブカルチャーを十二分に表現していたと思う。

最後にバックに現れた、真っ赤な太陽と富士山の中に描かれた東京の風景がSee you in Tokyoという文字と一体になり、とてもかっこよく、まさに、クールジャパンといった様相を醸し出していた。あっという間に、8分間の東京のプレゼンテーションは終わったが、会場の人々、またTVで見ていた世界中の人々をも魅了したと思う。

さて、日本人としては、少しは余韻を残したいところだが、ブラジル音楽ショーはまだまだ続く(次ページへつづく)。

(文/コウトク、写真/Flávio Soares/Câmara dos Deputados)

■関連記事
パラリンピック、ブラインドサッカーの選手たちがみせた凄さ
ミス・インターナショナル各国代表が世界大会に向けて来日。ブラジルのマノエラ・アウベスさんも来日予定
ヴィラ・イザベウ、2017年のカーニバル出場に赤信号
ホライマ州で監禁されていたカメ110匹、保護される
サンパウロでタクシー運転手たちがウーバー車両を襲撃

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

コウトク  2005年6月~2012年6月まで仕事の関係で、ブラジルに在住。ブラジル在住当時は、サッカー観戦に興じる。サントス戦については、生観戦、TV観戦問わずほぼ全試合を見ていた。2007年5月のサンパウロ選手権と2010年8月のブラジル杯のサントス優勝の瞬間をスタジアムで体感。また、2011年6月のリベルタドーレス杯制覇時は、スタジアム近くのBarで、大勢のサンチスタと共にTV観戦し、優勝の喜びを味わった。現在、スポーツナビのブログ「ブラジルサッカーレポート」(http://www.plus-blog.sportsnavi.com/kohtoku/)を執筆中。