ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

音楽三昧の閉会式で、賑やかに幕を閉じたリオ・パラリンピック

リオパラリンピック閉会式

閉会式は、豪華ブラジルのポップス・ショー、プラス、クールな東京のプレゼンテーションといった様相になった。世界中からやって来たパラリンピック選手や関係者にとっては、ふだんあまり馴染みが深くないブラジルのポップスのショーだったかもしれない。しかし、イヴェッチの歌声に合わせて、日本選手団陸上の山本篤や辻沙絵などもノリノリで踊っている様子をみるにつけ、音楽もスポーツ同様、世界の共通語なのだと思いしらされた。

ブラジル、リオデジャネイロの街を舞台にした熱狂の大会は終わり、次は、4年後、わが国、日本の東京でこの五輪、パラリンピックの大会が行われるのだ。東京では、どんなセレモニーになるのだろう。東京大会を、ホスト国民として、世界中から訪問する選手、関係者、観客の人々をどういう形であれもてなすことができればいいなと、改めて思わされた。

(文/コウトク、写真/Fernando Frazão/Agência Brasil)

■関連記事
http://megabrasil.jp/20161002_31950/
浅草サンバカーニバル2016 S1リーグ 写真集
リオの女子高生が小惑星を発見、NASAに招待される
ラテンアメリカベストレストラン2016発表。日本人料理人も活躍
リオデジャネイロ麻薬密売組織の大物が死亡

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

コウトク  2005年6月~2012年6月まで仕事の関係で、ブラジルに在住。ブラジル在住当時は、サッカー観戦に興じる。サントス戦については、生観戦、TV観戦問わずほぼ全試合を見ていた。2007年5月のサンパウロ選手権と2010年8月のブラジル杯のサントス優勝の瞬間をスタジアムで体感。また、2011年6月のリベルタドーレス杯制覇時は、スタジアム近くのBarで、大勢のサンチスタと共にTV観戦し、優勝の喜びを味わった。現在、スポーツナビのブログ「ブラジルサッカーレポート」(http://www.plus-blog.sportsnavi.com/kohtoku/)を執筆中。