ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

2017年、カウントダウンイベントとともに幕開け

コパカバーナ カウントダウン

また、深夜零時ごろの体感温度33度が超えるという暑さも手伝って、カウントダウン前に体の不調を訴えた人も少なくなかった。

大晦日の夜22時ごろには92名が脱水症状や血圧上昇で医療機関に運ばれた。大晦日の夕方17時から新年の早朝2時までの間に医療機関に運ばれたのは387名で、その中には急性アルコール中毒、発熱、転倒による外傷や骨折もあった。切り傷の多くはビーチに捨てられた割れたガラス瓶の破片で足や足首を切る傷が多かったという。

コパカバーナ カウントダウン

リオ市北部のメイエル地区からやってきたハファエウ・ソアーリスさん(学生)は16時40分ごろコパカバーナ海岸に到着した。

「海の水がとてもきれいなのに驚きました。そうと知っていたらビーチマットを持ってきていました。夜中、海に浮かんですごしたかったです」(ハファエウ・ソアーリスさん)

花火の前にはビーチのステージで、エウバ・ハマーリョ、アウセウ・ヴァレンサ、ジェラウド・アゼヴェードの3人によるコンサート「オ・グランジ・エンコントロ(大いなる出会い)」が開催された(次ページへつづく)。

(文/麻生雅人、写真上/Fernando Maia/Riotur、写真下/Gabriel Santos/Riotur)

■関連記事
ブラジルで大晦日に行う、9つのおまじない
ブラジルファッションの100年を1分強で知る動画
「世界28ヶ国 有給休暇・国際比較調査2016」有給消化率、日本は50%で最下位、ブラジルは100%
レンソイス国立公園をドローンで撮影してみた
2016年のお酒のヒット、キーワードは「クラフトビール」と「チョイ飲み」。ブラジル産も流行に貢献!?

1 2 3
このエントリーをはてなブックマークに追加