ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルの有名リゾート地を舞台にしたドタバタコメディ映画「世界の果てまでヒャッハー!」

リゾート地として名高いブラジル、バイーア州のイタカレを舞台にしたフランス産ドタバタコメディ映画「世界の果てまでヒャッハー!(原題「Babysitting 2」)」が11月、日本で公開される。

現在はサーフィンの名所としても知られるイタカレ市は、同州の大西洋岸海岸の中ほどに位置する街。同市の観光サイトITACARE.COMによるとイタカレの語源は先住民族の言語で、「丸い石」、または「美しい石」を意味する言葉とのこと。


続きを読む

第29回東京国際映画祭のブラジル映画「空の沈黙」上映迫る

10月25日(火)から開催されている第29回東京国際映画祭のコンペティション部門で、本国で9月に公開されたばかりの新作映画ブラジル映画「空の沈黙(O Silêncio do Céu)」(2016年作)が上映される。

「空の沈黙」(ブラジルとチリとの共作)は、アルゼンチンの作家、映画作家セルジオ・ビジオの小説「Era el Cielo」を映画化したもの。準主役で、青春学園ドラマ「マリャサォン」やTVノヴェラ「サウヴィ・ジョルジ」(2012)などでも知られる女優カロリーナ・ジッキマンが出演している。


続きを読む

映画「ペレ 伝説の誕生」にブラジルサッカーの真髄を見た

現在公開中の映画「ペレ 伝説の誕生」を見た。すばらしい映画だった。

筆者はブラジル在住当時、初対面のブラジル人に対しまずはサンチスタだと自己紹介していたが、すると決まって、「ペレがいたからかい?」と尋ねられた。そのたびに、「カズーが在籍してたからだよ。カズーはまだ日本で現役でプレーしてるんだよ」と答えると、ほとんどの人が、「ああカズーね。彼はいい選手だったね。まだやってるのかい。すごいね」と返した。そして必ずといっていいほど、そのまま会話がはずんだ。


続きを読む

中平康監督の映像作品、ブラジルで初の特集上映

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、今年8月のリオ・デジャネイロ・オリンピック ・パラオリンピックの開催にあわせ、リオから、次回のオリンピック・パラリンピックの開催地である東京へとバトンをつなぐ取り組みとして、オリンピック開催前の7月から8月にかけてリオ・デジャネイロで日本とブラジルの共同事業による美術、映像舞台芸分野の文化交流事業を行う。


続きを読む

2016年カンヌ映画祭でブラジル映画がドキュメンタリー賞受賞!

グローボ系ニュースサイト「G1」他ブラジル現地メディアが報じたところによると、5月21日、ブラジル映画「シネマ・ノーヴォ」がカンヌ映画祭ドキュメンタリー部門賞ロエイユ・ドール(L’Oeil D’Or)を受賞したという。

この賞は昨年立ち上げられた賞で、カンヌ映画祭によってその年の優秀なドキュメンタリー映画に贈られるというもの。


続きを読む