ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

バイーア名物、ボンフィン教会の階段のお清め式(ラヴァージェン・ダス・エスカルダス・ド・ボンフィン)行われる

ラヴァージェン・ダス・エスカルダス・ド・ボンフィン

儀式に使われる香り水とは、薬草で作られた聖水。もともとカンドンブレでは、オシャラ(カンドンブレの神の一人)の祭の際に、香り水で祈祷所や信者の身体などを清める儀式を持っている。

ボンフィン教会の階段のお清め式(ラヴァージェン・ダス・エスカルダス・ド・ボンフィン)は、オシャラの祭がルーツにあるとセルジッピ連邦大学のエウフラジア・クリスチーナ・メネーゼス・サントス准教授は指摘する。カンドンブレにおいて、ボンフィン教会に祀られているノッサ・セニョール・ド・ボンフィン(昇天の主イエス)はオシャラと重ね合わせられているという。

現在では、街をあげての祭のひとつとなっているボンフィン教会の階段のお清め式(ラヴァージェン・ダス・エスカルダス・ド・ボンフィン)は、カンドンブレの信者だけでなく、観光客や、宗教とは切り離して民間信仰の祭として楽しむ人も含めて賑わう。

その反面、宗教的な伝統も延々と受け継がれている。

(文/麻生雅人、写真/Mateus Pereira/GOVBA、参考資料/「Texts of Brazil 庶民の祭」(ブラジル連邦共和国外務省 文化部広報室))
写真は1月15日、バイーア州サルヴァドール市、ボンフィン教会の階段のお清め式(ラヴァージェン・ダス・エスカルダス・ド・ボンフィン)

■関連記事
クリチーバ市の聖母ホザーリオ教会で階段洗いの儀式行われる
ジウマ大統領、バイーアで文化団体オロドゥンの家を訪問
アフロブラジル文化が生んだボア・モルチ祭(バイーア州)、2014年も開催される
ワールドカップ期間中、スタジアムで郷土料理を提供。バイーアではアカラジェ、マナウスでは川魚フライなど
願いが叶いやすくなる?  ボンフィン教会のフィッタ、コットン素材に戻る。20年ぶりに生産もバイーアで

1 2 3 4
このエントリーをはてなブックマークに追加