ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

【コラム】君にパステウ!

(写真提供/REI CAPOEIRAP)

Boa noite Japão! Bom dia Brasil!

Sou REI CAPOEIRAP! Blz!? ベレーザですか?

カポエイラッパーのREIです。そしてFeliz Ano Novo!  

実は今、僕はブラジルに来ています。一年半ぶりにやって来ました。

クリスマス(Natal)は友人の実家で過ごしました。気温も30度越えていて冬感はゼロですが、ブラジル人にとってのクリスマスの大切さ、家族や友人と過ごす特別感、何か温かいものを感じました。

家族と過ごすお休みと云えば、日本ではお正月ですね。皆さん、良いお正月を過ごせましたか。

僕は年末年始はバイーア州パラチギで2年に一度行われるUniverso Paralello(8日間ノンストップの音楽フェスティバル)で過ごしました。フェスの模様も、またどこかでレポートしたいと思います。

さて、2020年、令和二年が始まりました。

REI CAPOEIRAP新年一発目、“目がブラジル🖤”なブラキチな皆さんへの感謝とより一層のブラジルへの愛と情熱を込めて、新曲「Pastel (邦題:君にパステウ)」をお届けします。

(写真提供/REI CAPOEIRAP)

え? パステウ? パステル? はい、PASTELはブラジルを代表する軽食、サウガジーニョのひとつですね。ブラジルではフェイラなどで必ずといっていいほど目にするスナックですね。

日本では“ブラジル風揚げ餃子”または“揚げパイ”などとも表されるパステウ。諸説ありますが、日本、中国移民がサンパウロで始めたとも云われています。

僕がこのパステウと出会ったのは、かれこれ10年以上前、東京から2時間で行ける通称ブラジルタウン、群馬県大泉町のスーパーTAKARAの近くにあるパダリアTOMIさんのお店でした。

あのボリューム感と店の雰囲気や気さくな店員さんが大好きで東京からよく通いました。中にはカルニ、ケージョ、パウミット、またはミックス。揚げたてのパイの中に具がたっぷり。そのまま食べても美味しいパステウですが、皆さんは何かをつけて食べますか? ケチュッピ、マヨネーズ、ヴィナグレッチ、ピメンタ? 僕はマヨ派です。

とにもかくにもブラジルサイズの大きいパステウ、あのパダリアで最初に食べた時の感動が忘れられなくて、そんな“パステウ”への想いを歌にしたんです。2019年の夏に制作して、これまでにもあちこちで歌ってきました。

そう、そんな大好きな町、大泉町と今回撮りおろしたサンパウロの市場(Feira)が登場するミュージッククリップも作りました。歌詞ではリベルダージと歌っていますが、実際は毎週木曜にベラヴィスタで行われているフェイラです。

本場サンパウロのフェイラではパステウの味も30種類ぐらい具の種類があってマヨっちゃいますが、今回初めて食べたのがブロッコリーとチーズが入ってるパステウ。バカ旨でした。マヨネーズもアーリョ入りのマヨで、激ウマです。

ところで、日本では、”デカセギ”のブラジル人が増え始めたきっかけとなった入管法改正から30年が経ちます。また2020年は、日ブラジル外交関係樹立125周年の年でもあります。

一時期減少していたブラジル人人口もここ数年前から増え続けて、群馬県大泉町もさらに盛り上がりそうな予感です。

実はREI CAPOEIRAPはこの大泉町で第4日曜日(3月から11月と8月は除く)に開催されている町のイベント“活きな世界のグルメ横丁”で司会を務めさせていただいております。

“世界がぎゅーっとおおいずみ”をテーマに、このイベントはブラジルだけではなくペルー、パラグアイ、ネパール、フィリピン、トルコ、イラン、インドネシア、ロシアなどなど、世界の料理と人が大集結。そして舞台ではサンバやフラダンスをはじめ、さまざまな踊りやバンド、歌、アイドルによるパフォーマンスなどが披露されていますよ。

もちろんパステウも食べられます。皆さん、今年は是非、群馬県大泉町に遊びに来て下さい! パスポートは要りません(笑)。

(写真提供/REI CAPOEIRAP)

君にパステウ♪ 君とパステウ♪ 君をパステウ♪ 百聞は一食にしかず。お家で作ってみるも良し、お近くのブラジル料理屋さんでパステウをオーダーするも良し、群馬県大泉町に日帰りブラジル旅するのも良し、僕の曲をBGMにしながら千ベロで揚げ餃子をオーダーしてみるも良し、パステウを是非とも食べてみてください。 曲はこちらからDLもできます(https://ditto.fm/pastel)。

個人的に、2019年を振り返ると、人形町にできたボテッコで働いてカイピリーニャを作ってみたり、しばらく休んでしまっていたカポエイラにも少しずつ復帰できたり、自身の中で原点回帰できた一年でした。2020年もREI CAPOEIRAPは、より一層“日本にブラ汁を!”いえ、さらにもっと“世界にブラ汁を!”発信していく所存です。

とにかくカッコイイ新しい音楽を作っていくので皆さん、応援よろしくお願いします。

2020年夏には東京でオリンピックも開催、色々楽しみですね! では皆さん、今年もブラ汁に溢れたステキな年にしましょう!

(文/REI CAPOEIRAP)

■関連記事 
名古屋在住の歌手IDEAさん、ブラジルでも音源をリリース
リオ名物、コパカバーナ海岸の年越しイベントに290万人
「今年の一皿」2019は「タピオカ」に
ガビゴウの大活躍でフラメンゴが南米王者に。2019年のリベルタドーレス杯はブラジルのフラメンゴが優勝!
【RIZIN.20】パトリッキー・“ピットブル”・フレイレ選手試合後インタビュー

個人的に、2019年を振り返ると、人形町にできたボテッコで働いてカイピリーニャを作ってみたり、しばらく休んでしまっていたカポエイラにも少しずつ復帰できたり、自身の中で原点回帰できた一年でした。2020年もREI CAPOEIRAPは、より一層“日本にブラ汁を!”いえ、さらにもっと“世界にブラ汁を!”発信していく所存です。

とにかくカッコイイ新しい音楽を作っていくので皆さん、応援よろしくお願いします。

2020年夏には東京でオリンピックも開催、色々楽しみですね! では皆さん、今年もブラ汁に溢れたステキな年にしましょう!

(文/REI CAPOEIRAP)

このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

REI CAPOEIRAP は日本のインディーズアーティスト/カポエイラッパー。 東京生まれ香港育ち。"REI"という名は自身が傾倒するブラジル伝統格闘技カポエイラの”しこ名”である。 Facebookページ https://www.facebook.com/CAPOEIRAP/ YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/user/CAPOEIREI​​ 問合せ rei.capoeirap@gmail.com