ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジル国内のカシャッサ品評会「第五回ランキング・クープラ・ダ・カシャッサ」で、女性生産者が躍進

「もしあなたが、カシャッサが女性向けのお酒ではないと思うなら、それはあなたが、カシャッサも女性も理解していないからです」。

現地メディア「エスタダォン」(電子版、3月18日づけ)は、ブラジル国内で最も優れたカシャッサを選出するコンテスト「ランキング・クープラ・ダ・カシャッサ」の2022年版の選考結果を、そんな書き出しで報じた。


続きを読む

ブラジルには、外資系企業の市場戦略から生まれた、“カクテル”と言う名のカクテルがある!?

ブラジルの国民酒カシャッサは、有名なカイピリーニャだけでなくさまざまなカクテルのベースとしても親しまれています。

Rabo de Galo ハーボ・ジ・ガーロと言うカクテルもそんな中のひとつで、主にサンパウロで親しまれているカクテルです。 カシャッサを使ったカクテルではクラシックの部類に入ります。まずはレシピを紹介しましょう。


続きを読む

「FOODEX JAPAN 2022」開幕。3月11日まで開催

アジア最大級の食品・飲料専門展示会「FOODEX JAPAN – フーデックス ジャパン2022(第47回 国際食品・飲料展)」が3月8日(火)より、幕張メッセで開幕した。

外国人の新規入国制限の影響もあり来日しているベンダーの数は限られており、海外出展者のほとんどは国内の代理店が対応しているようだ。


続きを読む

住民の約75%がウクライナ系のプルデントーポリス市、避難民受け入れを表明

世界最大の日系コミュニティを擁することでも知られる移民大国ブラジルには、ウクライナからの移民も多く暮らしている。

ブラジル南部パラナ州にあるプルデントーポリス市は、同市のデータによると、人口5万2776人の約75%がウクライナ系であり、同国最大のウクライナ系コミュニティがある都市とのこと。


続きを読む

クラブワールドカップ2021 南米王者パウメイラス、チェルシーに敗れ世界王者にはなれず

2022年が幕を開けて早くも2か月近く経つことになる。今年はワールドカップイヤーということで始動が速い。先週末にはJリーグが開幕した。

ワールドカップはこれまでの例では6~7月に開催されているが、今年のカタール大会は11~12月に行われる。そのため日本のJリーグは、ワールドカップ前に全日程を終了させるため、例年よりも1か月ほど開幕を早めているのだ。


続きを読む