ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

9月16日は「アサイーの日」。アマゾン地域への日本人移民90周年を祝して制定される

9月16日が、日本記念日協会が認定する「アサイーの日」として登録されたことを受け、9月12日、アサイーの生産国であるブラジル大使館で「アサイーの日」の制定を祝う祝賀会が行われた。

9月16日が「アサイーの日」に制定されたのは、 アサイーの生産に貢献して産業を支え続けている日系移民に敬意を表して、第一回移民船がアマゾン地方に到着したのが1929年9月16日だったことに因る。


続きを読む

アサイーの造血機能性に関する研究発表会、開催される

7月31日(水)、駐日ブラジル大使館にて、アサイーの造血機能性に関する研究発表会が行われた。

アサイーはアマゾン地域が原産のアサイー椰子になる果実で、これまでも抗酸化作用を持つスーパーフードとして知られてきたが、新たな研究で、貧血改善効果を持つ機能があることがわかったという。


続きを読む

ブラジルの健康食品市場、成長続く

ブラジルの健康食品市場の成長は、相変わらず勢いが衰えていないようだ。

ユーロモニターインターナショナルによる2017年の調査結果をブラジル中小零細企業支援機構(セブラエ)などが伝えている。

調査結果によると、ブラジルの健康食品および飲料市場は、過去5年間で平均12.3%の成長を示しており、2016年だけでもこの分野では936億レアルの売上げがあったという。健康食品市場の世界ランキングでは5位とのこと。


続きを読む

ブラジルの健康食品市場、5年間で約2倍に

TVグローボが2月19日、番組「ペケーナス・エンプレーザス・イ・グランヂス・ネゴーシオス」で伝えたところによると、ブラジルの機能性食品・アレルギー対応食品(以下「健康食品」と総称)の売上高が過去5年間で98%増加したという。

ブラジルは主に南部・南東部を中心にイタリア、ドイツ、スイスなどヨーロッパからの移民を受け入れてきた歴史がある。そのため社会的にもヨーロッパの影響が強く、消費行動もヨーロッパの潮流を受け継ぐ傾向がある。


続きを読む

味も栄養素も凝縮。アサイーが、常温携帯も可能なパウダーに

アサイーが、パウダーになった!

アサイーをサプリメント代わりに手軽に摂取できるパウダー商品「フリーズドライ アサイーパウダー」が、9月30日(火)に「アサイー」のパイオニア、フルッタフルッタから発売される。

豊富な栄養成分や抗酸化成分を持ち、「スーパーフード」や「スーパーフルー ツ」として機能性が注目されているアサイー。


続きを読む