ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

キャッサバ七変化! 秋のキャッサバ芋掘りとアマゾン料理体験2022

KIMOBIG
キャッサバ七変化メニュー(画像提供/KIMOBIG)

最近耳にする機会が増えたキャッサバはアマゾン原産のお芋で、サツマイモと長芋の中間のような形をしています。みんな大好き「タピオカ」はキャッサバ芋のでんぷんのことで、タピオカはブラジル・アマゾンの先住民の言葉なのです。

そんなキャッサバ芋、ブラジル人がアマゾンから持ち込んだことで、日本ではどんどん栽培が盛んになってきています。

今年で16年目を迎えるブラジルと日本をつなぐ国際交流団体キモビッグ・ブラジルの恒例行事「秋のキャッサバ芋掘り」はまさに群馬の大人気イベント。「アマゾンの食」を実は群馬でも体験できるのです。

群馬県に住むアマゾン出身のブラジル人に本場アマゾン料理をつくってもらい、捨てるところのないキャッサバを食べ尽くしましょう。

キャッサバ七変化メニュー

①芋
キャッサバと牛肉の煮込み/Guisado de Carne
キャッサバを茹でてヤノマミ民族のキノコと牛肉と共に煮込んだアマゾン版肉じゃが。

キャッサバのフライ/Macaxeira Frita
キャッサバをシンプルに揚げたフライ。ほっこほこで栗のような味わい。

②すりおろし(生)
キャッサバケーキ/Bolo de Macaxeira
キャッサバを擦り、卵と砂糖、アマゾンフルーツ「クプアス」を入れて焼いたもっちりケーキ。

③すりおろし(乾燥)
ファリーニャ/Farinha de Macaxeira
キャッサバを擦って炒った粉、都市部のものよりアマゾンはその粒が大きく粗い。アマゾンの主食です。

④でんぷん(粗挽き)
タピオカチーズフライ/Dadinho de Tapioca
キャッサバからつくったタピオカパールを粗く砕いたグラヌラーダを牛乳で炊いたチーズフライ

⑤でんぷん(湿)
タピオカクレープ/Tapioca
キャッサバの生澱粉を焼いたもっちりしたクレープ。

⑥発酵しぼり液
トゥクピーのスープ/Tacacá
キャッサバの搾り汁を発酵させたものをトゥクピーと呼びます。痺れるハーブ「ジャンブー」と干しエビ、キャッサバの澱粉をとろっと練って沈めたスープ。

⑦葉っぱ
キャッサバ葉とお肉のシチュー/maniçoba
キャッサバの葉を挽き炭火で10日間煮込み、さらにお肉と煮込んだシチュー。今回のメインディッシュです。ライスと一緒にいただきます。

【概要】
「キャッサバ七変化! 秋のキャッサバ芋掘りとアマゾン料理体験」
主催/KIMOBIG BRASIL
     https://www.instagram.com/kimobigbrasil/
日時/2022年10月8日(土)
時間/9:30〜14:00
雨天決行/雨天の場合はキャッサバ料理の皮むきからスタートするワークショップと食事
参加費/大人4,545円(税込価格5,000円)
     子供/小学生以下2,727円(税込価格3,000円)料理はお子様サイズ
持ち物/飲み物、汚れてもいい服装、長靴、軍手、ミニスコップ、キャッサバ持ち帰り袋
※掘ったキャッサバ芋は直売可能。1kg800円程度。簡単レシピ付き
※都内から参加される方は群馬県内の移動手段については有料で対応しますので、ご相談ください。

イベントオフィシャルサイト
https://kimobig.wixsite.com/mandioca2022

【注意】
予約完了後に、畑の住所のご連絡と群馬県内の移動手段についてお伺いいたします。恐れ入りますが info@kimobig.jp からのメール受信を許可する設定をお願いします。なおこちらからお客様にメールを送信していても、お客様がお使いのメールサービスや携帯電話の設定によりメールの受信がブロックされていたり、迷惑メールフォルダに受信されていることが多いため、こちらから連絡がない場合はお確かめください。

【スケジュール】

9:30 太田駅集合(県外)
9:45 現地集合(県内で車移動の方には畑の住所を予約完了後にお知らせ)
9:45〜11:00 キャッサバ掘り
11:00〜11:30 畑でキャッサバフライ試食・タピオカワークショップ
11:30〜12:00 移動
12:00 GASTERROにてアマゾン料理ランチ
13:30 キャッサバとアマゾンのお話 デザート
14:00 解散

【キャンセルポリシー】
アマゾン料理の食材を準備する都合上、3日前から100%のキャンセル料が発生します。予めご了承ください。

どうぞよろしくお願いします!

(記事提供/KIMOBIG)

■関連記事
「ブラジル メニューフェア」で今年の秋はマンジョッカ三昧!
来日したパウロ・マシャード・シェフ、マンジョッカの料理と文化を紹介
「ブラジルの食は、シュハスコとアサイーだけではありません」パンタナール(パンタナウ)の味を世界に届けるパウロ・マシャード・シェフ
“食”から知る「おいしいブラジル」
2019年の「今年の一皿」は「タピオカ」に決定

このエントリーをはてなブックマークに追加