ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

レッドフルーツ、ビーポーレン、カカオニブ…。スーパーフード、2017年のトレンドは!?

ビーポーレン

第9位 ビーポーレン

蜂(ビー)が集めた花の蜜と花粉(ポーレン)を、蜂が自らの酵素で丸めたもの。たんぱく質が豊富で、ビタミンやミネラル、酵素なども多く含む栄養食として注目を集めている。

アメリカ合衆国では、ビーポーレンを少しずつ取り込むことで、カラダを花粉に慣らさせて花粉症をはじめとするアレルギーの発症をおさえる方法も研究されているという。

摂取方法は、そのまま食べたり、いろいろな料理に少量をふりかける。ヨーグルトやアイスクリーム、シリアルのトッピングにも適している。最近では、ビーポーレンのパウダータイプのものが登場。スムージーやジュースなど用途が広がっているという。

養蜂の盛んなブラジルでも、プロポリスや蜂蜜と並びビーポーレンの注目が高まっている。

(次ページへつづく)

(写真・文/麻生雅人)
写真はエンポリオ・ド・メウ「ポーレン・アピコラ・デジドラタード」

■関連記事
健康食品として知られる「プロポリス」って、そもそもどんなものなの!?
やけどに対する特効薬は魚の皮!? ブラジルで治験開始
南米最大の水族館、リオデジャネイロにオープン
ブラジルで最初に通貨を鋳造したのはオランダ人
遺伝学者によるブラジル人種論の新展開

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
このエントリーをはてなブックマークに追加