ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

レッドフルーツ、ビーポーレン、カカオニブ…。スーパーフード、2017年のトレンドは!?

ローストチアのメニュー

第8位 進化系チアシード

チアシードの一大ブームは一過性のブームで終わることなく、パウダーをはじめ、より進化した形で食べやすい加工食品が続々と登場している。加熱に弱いオメガ3を多く含むことが特徴のチアシードだが、加熱してもオメガ3の含有量がそのままというローストチアシードもそのひとつだという。

膨らまないチアシードということで、話題をよんでいるローストチアシードは、香ばしい美味しさを生かして、炒りごまのように様々な料理に手軽に使えることから、毎日の食卓に欠かせないスーパーフード系栄養調味料として期待されているとと日本スーパーフード協会は指摘する。

(次ページへつづく)

(文/麻生雅人、写真/Rodrigo Azevedo/Divulgação)
写真は、リスボン(ポルトガル)の有名レストラン「イレヴン」のジョアシン・コエルテル・シェフが、リオデジャネイロ支店のために提案したアボガドとイカの料理。ローストチアを使っている。2016年10月に「オ・グローボ」が紹介した

■関連記事
ビスケットの宝製菓がアサイーやチアシードを使った新製品を発売
遺伝学者によるブラジル人種論の新展開
トランプ氏勝利で「ブラジルと米国の関係に変化はない」 テメル大統領がコメント
労働者党の時代にひと区切り。ブラジル地方選で社会民主党が躍進
ブラジルで学生による格安ビジネスコンサルが好評

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
このエントリーをはてなブックマークに追加